ホーム > 医師会の概要 > 会長挨拶

会長挨拶

安佐医師会会長 吉川 正哉

安佐医師会は、広島市の中心部に近く、人口が増加し若い世代の多い安佐南区と、面積が広く無医地区のある中山間地域を有し、高齢化が進み人口減少がみられる安佐北区に位置しており、人口 38万人の地域にあります。県内の医療事情を縮図にしたような地域であり、地域によって必要な医療は異なっています。
現在、地域医療構想のもと市町は地域包括ケアシステムの構築を進めています。安佐地区では安佐南区医師会、安佐北区医師会がそれぞれ地域保健対策協議会を中心に、行政・歯科医師会・薬剤師会と協力して、それぞれに地域医療の現状に合わせた形で地域包括ケアシステムを構築しています。安佐医師会では、地域ケア推進委員会が医療介護連携事業を行っており、区医師会活動に対して各種事業の協力および支援を行っています。
安佐医師会では、広島市からの依頼を受け、2022年地域包括ケア病床、緩和ケア病床を中心とした医師会病院を開院する予定です。また同施設内に、可部夜間急病センターが移転するとともに地域包括ケアシステムを支える拠点が整備される事が決まっています。広島市北部の地域包括ケアシステム構築の拠点になると考えており、地域住民の方々が健康に関して安心して生活する事ができるよう、医療現場で奮闘されている会員の先生方のご意見を大切にして、より良い医療環境の構築のため努力して参ります。 安佐医師会は「開かれた医師会、会員のための医師会」、そして「住民のための医師会」です。引き続き、透明性の高い医師会運営を行って参る所存ですので、ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。


インフォメーション

  • 訪問看護ステーション
  • 居宅介護支援事業所
  • 安佐医師会立 安佐准看護学院
  • 広島北地域産業保健センター
  • 安佐医師会 会員専用ページ

可部夜間急病センター便り

広島市感染症情報センター

感染症発生届出票