ホーム > 安佐医師会可部夜間急病センター便り > かぜと抗生物質

かぜと抗生物質

典型的な風邪”を理解すると抗生物質の飲み過ぎにならずにすみます・・・・


グラフ5


Q. 風邪ってなんですか?

A. 主にウイルスが原因で起こる鼻・のど・のどの奥の急性の感染症”を風邪と呼びます。感染症状が気管や気管支に広がっていることも多いため、これらを含めることもあります。また、ウイルスが原因で起こるもののみを風邪と呼ぶこともあります。



Q. 風邪をこじらすと、どうして肺炎になるのですか?

A. 風邪の原因は、ほとんどがウイルスです。風邪のウイルスが気管支の粘膜を痛めると、口の中の常在菌(肺炎球菌など)が肺の中に侵入しやすくなります。そして肺の中で細菌が増殖すると肺炎になります。症状的には、一旦治りかけた風邪がぶり返した ような感じになります。 なお、誤嚥による肺炎やマイコプラズマ肺炎は、風邪症状はなく“いきなり肺炎” の形をとります。



Q. 風邪をこじらすと肺炎によくなりますか?

A. 肺に病気を持たない一般成人の場合、よほど体力が低下していない限りほとんど 起こりません。



Q. これまで“風邪といえば抗生物質”だったような気がするのですが・・・?

A. “細菌による風邪の可能性がわずかでもあるから”また、“肺炎になるのを予防したい” と言うふたつの理由で、“風邪といえば抗生物質”を飲んで来たと思います。 しかし、風邪のほとんどの原因であるウイルスに対して抗生物質は効きません。 実際、「抗生物質を飲めば風邪が早く治る!」あるいは「抗生物質を飲んで、肺炎を予防した!」という確かなデータは世界中どこにもありません。



Q. 昔からよく飲んだので、やめられないのですが・・・?

A. 理由を説明し「あなたの風邪には、抗生物質は必要ありません!」と言うと、納得される方が増えて来ています。健康番組とかの啓発のおかげでしょうか?



Q. 抗生物質を飲むと、どんな不都合があるのですか?

A. 副作用として、よく下痢が起こります。腸内細菌(お腹の中に100兆ほどいて、役立つ働きをしています)が死ぬために起こります。薬をやめると腸内細菌は元に戻るため、ほとんどの場合は心配はいりません。心配なのは、細菌の耐性化の方です。



Q. 細菌の耐性化って何ですか?

A. 抗生物質を使うほどに、細菌が“薬に負けまい”とだんだん強く変化することです。 細菌は太古より地球上で生きながらえて来ただけあって強いのです。最近、ピロリ菌の除菌率が悪くなった・・・マイコプラズマ肺炎にも薬が効きにくくなった・・・MRSA(多くの抗生物質が効かなくなったブドウ球菌という菌です)が検出された・・・ 抗生物質を飲んだ分だけ、私たちの体内で着実に細菌が強くなっていると思った方がいいでしょう。



Q. ところで、のどに白い膿?が付いていますが、これは細菌の疑いがありますか?

A. ほとんどはウイルス感染です。アデノウイルス、EBウイルスなどなど・・・。 一方、ブドウ球菌、インフルエンザ菌などの細菌は1%以下です。また、成人では 5~10%に溶連菌が検出されていますが、45歳以上では溶連菌による咽頭炎は かなり稀です。



Q. 風邪の治りかけに淡黄色の鼻汁や痰をよく経験しますが、細菌性ではないのですか?

A. 調べてみると、ウイルス性が大方です。風邪の初期には透明の鼻水が出て、治る頃には淡黄色の鼻汁が出ることをよく経験します。このような淡黄色の鼻汁ないし痰は、 ウイルスに対する抗体ができて、白血球(好中球)が増えるために起こるとされて います。よってこのような場合、抗生物質は必要ありません。



Q. どのような時に、抗生物質は飲んだ方がよいのですか?

A. 一番は肺炎になった時です。次は、溶連菌感染の時です。 肺炎はレントゲンで、溶連菌は迅速検査で診断できます。ひどい急性副鼻腔炎や扁桃周囲膿瘍、急性喉頭蓋炎、咽後膿瘍(あとの3つは稀な病気です)などの時も抗生物質を必要としますが、医師がちゃんと診断しますので心配いりません



Q. 反対に、どんな時には抗生物質は飲まない方がよいですか?

A. “ウイルスによる典型的な風邪”の時です。



Q. “ウイルスによる典型的な風邪”とは、どんな状態ですか?

A. 皆さんが“これまでふつうに体験してきた風邪”が“ウイルスによる典型的な風邪”です。言葉で言うと、「にわかに、“せき、鼻水、のどの痛み”などの複数の症状が、ほぼ同時にほぼ同程度に出現した状態」です。熱はなくてもかまいません。“はじめは、のどの痛みが始まり・・・”“どれもあるが、のどが一番痛い・・・”なども含みます。これらには間違いなく抗生物質は要りません。なぜかと言うと、これらが紛れもないウイルス感染の特徴だからです。これを理解すると薬の飲み過ぎにならずに済みます。



Q. 医師は抗生物質を処方するのに迷うことはないですか?

A. 肺炎がレントゲンで分かった場合は迷うことはありません。 レントゲンで肺炎の影はないけれど、それでも肺炎を疑うような場合があります。抗生物質をのむ方がよいか否かの判断は医師に任せるのがよいでしょう。



Q. 余計な質問ですが、日本人はたくさん抗生物質を飲んでいますか?

A. 日本でお馴染みのAと言う抗生物質は、年商2億5千万米ドルで世界売上NO1の抗生物質です。同じくBという抗生物質は2億米ドルでNO2の抗生物質です。そして、このほとんどを日本人が飲んでいます。日本人は他に多くの抗生物質を飲んでいますので、抗生物質にかかる医療費はとても膨大です。



Q. 外国はどうなっていますか?

A. 多くの国で「風邪の時に抗生物質は飲ま(せ)ないよう」に、医師にも患者さんにも薦めています。それで、オランダやフランスでは、近年風邪に対して抗生物質をほとんど飲まなくなっています。抗生物質の消費大国のひとつである中国でも、最近は抗生物質使用に対し厳格なルール作りが進められているようです。




インフォメーション

  • 訪問看護ステーション
  • 居宅介護支援事業所
  • 安佐医師会立 安佐准看護学院
  • 広島北地域産業保健センター
  • 安佐医師会 会員専用ページ

可部夜間急病センター便り

広島市感染症情報センター

感染症発生届出票